【公式】オープンゲート宮古島│宮古島のダイビングショップ

オープンゲートおすすめ情報

失敗しないダイビングショップの選びかた

失敗しないダイビングショップの選びかた

オープンゲートはお陰様で今年で11年目を迎えます。宮古島では観光客が10年で2倍に増えてきており、それに伴って次々と新しいダイビングショップがオープンしてきています。

お客様にとってはいろんなサービスを選べるのは良いことですが、でもどうやって選んだらいいのか分からないという声もよく耳にします。そこで今回は、失敗しないダイビングショップの選び方をご紹介します!

自分のお店をおすすめするんじゃね?と思われるかも知れませんのであくまで一般論でお話ししますね(笑)

ツアー料金が明確なこと

体験ダイビングに参加される方の多くがはじめてなので、どのくらいの料金が妥当なのか?ほかに必要な費用がかかるのか分からないものです。

体験ダイビング代に、機材のレンタル代が含まれているか、写真撮影等のオプションはどうなっているのかを確認しましょう。
器材のレンタル代は、別途支払うと意外と高くつきますので必ずチェックしておきましょう。

お店の雰囲気

これは実際に行ってみないと分からないのですが、楽しめるかどうかを左右する重要なポイントです。
一般にダイビングショップは小規模なお店が多く、オーナーの考え方が色濃く反映されます。

・どんなスタッフが対応してくれるのか?
・初心者がメインのお店なのか?
・サービスが充実しているのか?

一般に小規模な店はアットホームでおもてなし重視。大規模な店は、設備やサービスが充実していると言われますが、実際にはショップによりけりです。

ホームページや口コミをしっかりチェックしてから申し込みましょう。

お店の設備

先ほども書きましたが、小規模なお店が多く、当たり前だと思われがちなシャワールームや更衣室ですらないようなお店も存在します。
もちろん店の設備やサービスは価格にも反映されますので、安いからといって飛びついたら思っていたのと違っていたということにならないように注意しましょうね。

ボート

潜る時間以上に、快適さが左右されるのが船のうえで過ごす時間です。

宮古島はダイビングスポットまでの距離が遠く、片道30~40分かかってしまいますので、船の大きさや屋根があるかどうかなども調べておくといいですね。
また、高速ボートの場合だと、半分の移動時間で済むため、快適度が大きく違ってきます。

体験ダイビングの扱い

どのショップでも体験ダイビングは扱っていますが、ファンダイビングがメインのお店だと、経験者に交じって潜らないといけないこともあります。
体験ダイビングをメインに扱っており、経験豊富なお店をおすすめします。
初心者は海のなかで息をすることすら初めてなので、きめ細やかなサポートができるかどうかが、とても重要になります。

以上の点をチェックして、自分にぴったりのダイビングショップを選びましょう。その際は、ぜひオープンゲートをよろしくお願いします!